世界経済フォーラム特別会合リヤド 地政学的安定性、包括的な成長、エネルギー安全保障に焦点

サウジアラビア、リヤド--()--(ビジネスワイヤ) -- 本日、リヤドで、人類が直面する最も差し迫った地政学的、社会的、経済的な課題に取り組むための率直な対話と大胆なステップについて議論する世界経済フォーラム 「開発に向けたグローバル・コラボレーション、成長及びエネルギー」特別会合が開催され、世界のリーダーが集結した。

「新興国の人々や地域社会が有意義な経済発展を達成できるようにするには、安全で信頼できるエネルギーへのアクセスが不可欠である」

この特別会合において、サウジアラビアのエネルギー大臣であるアブドゥルアズィズ・ビン・サルマン・ビン・アブドゥルアズィズ・アル・サウード皇太子殿下は、「公正かつ公平なエネルギー移行は、さまざまなエネルギー源を利用し世界のエネルギー市場を多様化することによってのみ達成される」とし、「新興国の人々や地域社会が有意義な経済発展を達成できるようにするには、安全で信頼できるエネルギーへのアクセスが不可欠である」と述べた。

「北から南、東から西:信頼の再構築」に関するセッションでは、サウジアラビア外務大臣ファイサル・ビン・ファルハン・アル・サウード皇太子殿下が、協力を通して危機的な課題に対処することについての議論を主導し、パレスチナ国家樹立への信頼できる不可逆的な二国家解決の真のコミットメント を通してガザの人道的危機を解決することの必要性について語った。

ダボス以外で初めて開催された世界経済フォーラムのWEFオープン・フォーラムで、駐米サウジアラビア大使のリーマ・バンダル・アル・サウード王女殿下は、サウジ王国の文化的覚醒について「現在わたしたちは、この国がその伝統と恋に落ちるルネサンスを目撃しているのです」と述べた。

サウジアラビア外務大臣アデル・アルジュベイル閣下は、サウジ・ビジョン2030の進捗を振り返り、「私たちは、多角的、包括的で、テクノロジーに基づいた、世界的競争力があり、グローバルな貿易システムの一翼を担う国を築きたいと考えている」と述べた。

特別会合の初日の冒頭において、サウジアラビア財務大臣のムハンマド・アルジャダーン閣下は、長期計画のために、各国は状況に応じて調整を行い、経済的課題に機敏に対処する必要があると述べた。

一方、サウジアラビアの通信・情報技術大臣アブドラ・アルスワハ閣下は、人工知能と経済成長の関係について論じ、「私たちは転換点ではなく、人類の転換点にいるのである」と述べ、サウジアラビアが複数のセクターにわたり AI の普及を倍増させていることについて強調した。

サウジアラビア観光大臣アハメド・アル・ハティーブ閣下は、わずか5年間でサウジアラビアの観光セクターは、およそ2倍、350億ドルから660億ドルに成長したこと、今年は800億ドルに達することを目指していることについて述べた。

2日間のイベントに参加した代表者を歓迎したサウジアラビア経済計画大臣ファイサル・アリブラヒム閣下は、サウジ・ビジョン2030の下で、「世界成長のプラットフォーム」となったサウジアラビアに世界のリーダーを歓迎し、「富やステータスに関わらず、すべての国が繁栄する機会を持つ場所」として、より包括的な世界経済を構築することの重要性を強調した。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

*Source: AETOSWire

Kontakte

Wooud Alquaied
walquaied@mep.gov.sa